2006年12月09日

独自の価値観を持つ人のためのプレミアム・カー

アウディが世界的なブランドになったのは1980年
”クワトロ”の登場以降である。

4WDの乗用車はそれまでも存在したが、
アウディ・クワトロは常時4WDシステムを持つ
エレガントなロード・カーであったことが新しかった。

当時も現在も、アウディはVW傘下のメーカーだが、クワトロの出現で
世界の自動車メーカーから大いに注目されるところとなった。

アウディの4つの輪マークは、このメーカーの歴史を示している。
第2次大戦前のドイツの高級車、ホルヒを頂点に、
アウディ、ヴァンダラー、DKWの4社が集合した
自動車連合であることを表しているのだ。
この4社連合はそのまま、アウト・ウニオンを名乗った。

アウト・ウニオンは第2次大戦後、
一時ダイムラー・ベンツの傘下となって生き延び
1965年にフォルクスワーゲンの子会社となる。

アウディ・ブランドのクルマが
復活するのは、これからさらにあとの事だ。

クワトロ登場以降の20年で、メルセデス、BMWと肩を並べる
プレミアム・ブランドへと成長したのである。

「技術による先進」をスローガンにWRCを制覇し、
ル・マン24時間レースで3連勝している。

メルセデス、BMW、アウディというドイツ・プレミアム御三家の中で
アウディは人一倍速いクルマである。
ターボによるハイ・パワーの技術も持っている。

ヨーロッパでは直噴ディーゼル・ターボ、TDIは非常に高く評価されている。
ターボ+4WDはアウディの技術力の大看板である。

アウディはVW傘下にあって、VWとは少し離れたところにいる。
いまやアウディはアウディ・ブランドを確立しており、
日本でも販売網をVWと分離しアウディ1本でディーラ−展開している。

アウディはメルセデスでもない、BMWでもない
独自の価値観を持っている人が
乗っているクルマなのかもしれない。
posted by german-car at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アウディ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/2094363

この記事へのトラックバック