2007年01月13日

アメリカナイズされたドイツ車

戦前からGMの欧州拠点として発達した経緯から
ドイツ車としてはアメリカ的な実用品イメージの
強いクルマを作ってきたメーカーのオペル。

とはいいつつも、ドイツ人が作り
アウトバーンを走ってきただけに基本性能は
他のドイツ車同様カチッとしてしっかりしている。

内装・外装のイメージも国産のクルマと似ていて
特別な高級感はないもののソツなくまとまっていて
違和感が少ない。

1993年からヤナセが販売を担当しているため
サービス面でも不安はなく
ドイツ車入門としてもうってつけの選択といえる。
posted by german-car at 00:00| Comment(2) | TrackBack(2) | オペル
この記事へのコメント
ども!
はじめまして、astraboyと申します。
トラバThanksです(^^) 。

OPELに乗っていましたが、日本での認知度はいまいちですね…。

こちらの記事にご紹介されているように、OPELは輸入車入門には最適と思います(経験談)。
故障は少ないと言ったら嘘になりますが、販売を中止した後でもしっかりサポートしてくれます。また、パーツ代も国産車と同等くらいです。

走り出してみると想像を超える安定感、コレといって特徴が有るわけではありませんが、基本性能をしっかり備えたクルマです。

こちらでOPELを取り上げていただいて、OPELを世に広めて頂いて元オーナーとして嬉しい限りです。今は他のメーカーのゲルマン製のクルマに乗っていますが、OPELは真にゲルマン色の強いクルマと再認識している次第です。
Posted by astraboy at 2007年01月15日 23:05
>>astraboyさま

コメントありがとうございます!

代行のバイトをしているときに
オメガをドライブしたことがあります。

メルセデスなどと比較しても
確かにOPELの方がガチッとして
ゲルマン魂が込められているような
気もしましたね〜☆

Posted by german-car at 2007年01月19日 18:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3052132

この記事へのトラックバック

“総括”
Excerpt: Gアス→A4になってGアスの良さを再認識したり、今まで気付かなかった点が出てきたり…。astraboyの個人的観点から“総括”してみました。
Weblog: OPEL ASTRAism
Tracked: 2007-01-15 22:53

アメリカ車をもっと知ろう
Excerpt: アメリカ車のお勧めの購入方法や日本で乗る上で知っておいた方がいいことなどをまとめました。ぜひ見ていってください。
Weblog: アメリカ車をもっと知ろう
Tracked: 2007-01-16 16:19