2007年01月14日

メルセデスのアクセリング

あなたはドイツ車をドライブしたことがありますか?
私はドイツ車のオーナーになったことはないのですが、
過去に友人・知人等所有のメルセデスベンツを
ドライブさせてもらったことがあります。

ミディアムクラスのE-classでは、
W124の300E、W210のE300、AMG-E50の3車種、
それとSL-classで、R129のSL600もドライブしています。

かれこれ数年前のことなのでそのインプレッションを
思い出しながら書いてみたいと思います。

欧州車のパーツを輸入販売している会社に勤務していた
時期がありまして、同僚がW124の300Eに乗っていて
社長がR129のSL600に乗っていたのです。
(ちなみに私は当時アウトドア派でデリカの
 スターワゴンに乗っていました。。)

SL600の脱着可能のハードトップは
大の大人2人でやっと取り外しができる位重いものです。
いつも手伝わされていましたが、かなりハードでした・・
手を滑らせて落としたら大変ですから。。

パーツ輸入通販の仕事をしているうちに、
どんどん欧州車のとりこになって行きましたね。
中でもとりわけメルセデスに興味を抱くようになりました。

W126の時代は、黒塗りのベンツといえば
ちょっと近寄り難い感じでしたが(笑

ドライブした4車種に共通したインプレッションですが、
国産車にはない重々しいアクセルです・・

なんとも重厚なアクセルなのです。
特にW124、R129は顕著に感じます。

しかし、ひとたび強く踏み込むと、、
V12が雄叫びを上げて強烈なGを発生させ身体をバケットシートに
容赦なく叩きつけてきます。

AMG E50は、代行運転の手伝いをしているときに
お客様のE50をドライブさせていただく機会に恵まれました。
ノーマルのE320などと比較しても正直まったく別物です。

まさしくチューニングカーです。

普通にドライブしていると、気持ちよく酔っていたお客様から
「もっと踏み込んでみろよ」なんて云われまして
慣れない左ハンドルを握り締め
アクセルを強く踏み込んでみました。

チューニングカー独特のエキゾーストノートを響かせ
胸をすく加速感に全身が包まれました・・・

表現力が乏しくて言葉では伝えきれないのですが、
V12の加速感が重厚な加速感なのに対して
AMGの加速感は軽快な感じがしました。

ドライバーの感情を理解しているかのごとく
メルセデスのアクセリングは呼応してくれます。

メルセデスをドイツ車の代表とするなら
国産車と比較しても特筆すべき特徴だと思います。


posted by german-car at 15:22| Comment(1) | TrackBack(43) | ドイツ車の特徴