2006年12月09日

人生の楽しみを知る人のためのクルマ

ポルシェというブランドは、第2次大戦後の創立以来、一貫して
スポーツカー・メーカーであったことから完成したと考えていい。

ポルシェはクルマのデザイナー、ドクター・フェルナンド・ポルシェの
名を冠したスポーツカーである。

最初のポルシェは、ポルシェ博士の故郷オーストリアの
グミュントで組み立てられた。
それは博士の傑作、VWビートルのパーツを使ったスポーツカーだった。

エンジンはわずか1.1Lのフラット4で、この2シーターの
オープン・ボディのプロトタイプは、エンジンがリアにではなく
ドライバーの背後に置かれていた。

このことは、現在ミッドシップのボクスターこそピュア・ポルシェだと
主張する人たちの論拠になっている。

ドクターポルシェにとって356番目のデザインとなるポルシェ356は、
快適性のためにリア・エンジンの2+2クーペが標準ボディとして選ばれた。

356は当初、クーペ、カブリオレで始まり、ロードスターを追加。
いずれもしっかりしたボディと、当時のスポーツカーとしては
豪華なインテリアを持っていた。

1960年代に入ると、ポルシェはスポーツカー・ビジネスで
確固たる地位を築く。

1963年のフランクフルト・ショーで、ポルシェはまったく新しいクルマを
発表する。それが911だ。

911はフラット6をリアに持つ新しいスポーツカーで、
排気量は2Lから始まり3L級へと拡大されていく。
空冷911は改良に改良を重ねて、34年という長寿を全うし
いまのポルシェのイメージはこの911によって築き上げられた。
posted by german-car at 11:13| Comment(0) | TrackBack(4) | ポルシェ